水文・水資源学会/日本水文科学会 2021年度研究発表会
一般公開企画「身近な水環境」報告

 水文・水資源学会/日本水文科学会 2021年度研究発表会で行われた一般公開企画「身近な水環境」について報告します。学術大会は2021年9月15日(水)~18日(土)の日程で,新型コロナウイルス感染症対策のためオンライン形式で開催されました。一般公開企画は、大会4日目の9月18日(土)におこなわれました。

 この企画は、環境について関心を持ち様々な活動を続けてこられたNPO,小・中・高校生,市民の皆様との広く交流する場として開催されてきたものです。今まで,日本水文科学会を中心に,多くの一般市民の方々,児童・生徒の方々とポスター発表を通して意見交換を行ってきましたが、今回は,水文・水資源学会と合同での大会となり,両学会から非常に多くの皆様が参加されました。発表者の皆様、参加者の皆様、議論大変お疲れ様でした。また、ご参加ありがとうございました。

実施情報
 日 時:2021年9月18日(土) 
 会 場:オンライン大会
発表形式:ポスター発表(オンライン形式)
※ 事前にポスターを作成して大会サイトにアップし,コアタイムに発表と質疑応答(チャット・個別音声)

参加費:一般公開企画のみ無料

発表プログラム

発表タイトル
アブストラクトはタイトルをクリックして下さい
箕面川の生物調査
所属団体箕面学園高等学校 自然科学部
発表者川端 浩介*、手塚 巽仁、橘田 壮真、槌谷 沙綺、川端 青
発表タイトル
アブストラクトはタイトルをクリックして下さい
新宿区立おとめ山公園における湧出量変動メカニズムの推定
所属団体海城中学高等学校 地学部
発表者下河邊 大智*、青山 空弥

         「一般公開企画」 対面方式ではこの写真のような雰囲気でした。ウェブ形式の今年もきっと盛り上がると思います!